収入証明不要のキャッシングはあるのか

収入証明の提出で困る女性

キャッシングを利用する際には様々な書類の提出が求められることになりますが、その中でも特に求められることが多いのが収入証明です。

 

ですが、収入証明不要で、しかも最短で即日融資にも対応してくれているキャッシング会社がみつかれば、ピンチの時にとても助かりますよね。そこで手間なし即日融資のリサーチ隊では、そんな収入証明不要の会社を調査しています!

 

 

 

収入証明というのはキャッシングの審査を申し込んだそれぞれの利用者がどれくらいの収入があるかということを証明する書類であり、そこに収入額が記載されているのであれば、それ以上の収入は無いものとして判断に利用されることになります。そして現在では総量規制、つまり「借入できる金額が年収に依存して決定される」という制度があるわけですから、この収入証明の額が少ないということはそれだけ借入ができる金額が少ないということになってきます。そのため多くの人、特に収入が少ない人などの場合はなるべく収入証明不要の業者からお金を借りたいと考えるようになっています。

 

さて、それでは収入証明不要のキャッシングはあるのかというと、これは全ての業者が行っているわけではありませんが、しっかりと探せば見つけることができます。

 

例えば、収入証明不要の銀行系業者なら三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、楽天銀行といったような業者はそれぞれ一定額以上の契約を希望する場合にのみ収入証明が必要として指定をしています。三菱東京UFJ銀行の場合は収入証明が必要となるのが51万円以上、イオン銀行の場合は101万円以上、楽天銀行の場合は201万円以上として指定がされていますから、それ以下の限度額での融資を希望するのであれば、収入証明は不要です。

 

ではどうして収入証明不要でも200万円以上などの借入ができるのかというと、これは銀行系カードローン・キャッシングが総量規制の対象外として扱われているからです。もともと年収に依存した限度額設定をする必要が無いため、収入証明が無くとも融資をすることができるのです。この年収に依存せずに限度額を設定できるということは銀行系業者ならどこでも変わらないことですから、銀行系のカードローン・キャッシングを利用するのであれば一定額を超えない範囲であれば収入証明が無くとも融資を受けられる可能性が十分にあります。

 

 

では銀行系カードローン・キャッシングでは無い、いわゆる消費者金融系業者と呼ばれるような業者でのキャッシングはどうかというと、これは業者によって扱いが変わってきます。
現在の法律の中では「1社の消費者金融の利用が50万円を超える場合」と「他社分を含めた借入額が100万円を超える場合」の二つの条件のどちらかに合致していない限りは、消費者金融のキャッシングを利用する場合であっても収入証明の提出は不要とされています。実際、消費者金融でも大手と呼ばれるようなアコムとプロミスなどはこの法律と同様の規定を設けており、50万円以下の限度額で借り入れを希望し、他社からの借入が100万円以下となっているのであれば収入証明不要とされています。

 

またスピード面でも、消費者金融は魅力です。実際に、最短で即日融資される可能性が高く、至急お金を借りたいという人には、大変便利と言えます。

 

大至急、お金が必要という時はありますよね。たとえば、生活費が苦しく、電気代滞納のような公共料金未払い、税金滞納のような時です。
※参考ホームページ(電気代の滞納|何ヶ月で電気を止められる?個人の信用情報は? http://www.xn--mnqu52e82b8swgs4a.com/ )

 

なお、消費者金融での収入証明不要に関してはやはり会社ごとの違いがかなり大きく、例えばオリックス・クレジットやセゾンファンデックスなどでは限度額に関わらず収入証明の提出が必要として規定をしています。そのため消費者金融に絞って審査を受けていくのであれば、事前にそれぞれの公式サイトなどで必要書類の必要・不要を確かめておくとよいでしょう。

収入証明書不要でない場合、書類の取り方とは

キャッシングする際には収入証明書を提出しなければならない場合があります。また収入証明不要のキャッシングとあっても、借りる金額によっては必要になる場合もあります。そこで、キャッシングで必要な書類の種類についてみていきましょう。

 

まず、サラリーマンなど会社勤めの人の場合には、源泉徴収票を毎年もらっていると思います。フリーターでも年末調整をシテもらっていれば源泉徴収票を受け取っているはずです。日本で働く多くの人が年末調整をしていると思いますから、大半の人は源泉徴収票を受け取っているはずです。
もらった記憶はあってもどこかにやってしまったという人があれば、勤め先の経理担当者に再発行してもらうのが良いです。ただ、再発行を依頼しても、すぐにとることができない場合もあります。数日くらいはかかるのがほとんどですから、すぐにでもお金が必要な場合には別の方法を考えましょう。

 

収入証明書の再発行をお願いする女性

 

  • 源泉徴収票がない場合には、他の書類でも良い場合がありますから、消費者金融や銀行系カードローン・キャッシング会社に問い合わせてみて下さい。給与明細書でも収入証明書として用いることができる金融機関は多くあります。ただ、1月分だけでは不十分な場合が多く、2ヶ月から3ヶ月分が必要となるケースがあります。それに加えてボーナスの明細もキャッシング会社に必要な場合もあります。
  •  

  • 自営業の人などの場合には年末調整を会社が行ってくれないことがあります。この場合、多くの場合には確定申告を行っていると思います。確定申告を行ったときには、その写しを受け取っているはずです。確定申告を行った人の場合には、源泉徴収票ではなくて、確定申告書の写しをキャッシング会社に提出するのが基本です。前もって準備しておくのが良いです。
  •  

  • 課税証明書も収入証明書として使うことができるケースが多いです。課税証明書には、納めた税金の金額とともに、所得の金額も記載されますから、これによって収入がどれだけあるのかを知ることができます。取り方は簡単で、役所に行けば、たいていはその日のうちにとることができます。役所が開いている時間帯に行かなければならないという制約はありますが、ほぼ確実にとることのできる証明書です。

 

収入証明書の取り方が分からない場合や、すぐに準備することができない場合もあります。このような場合には、やはり収入証明不要で借りられるキャッシングサービスを利用すると良いです。消費者金融の大手であれば、50万円までの融資では収入証明不要となるアコムやアイフルがおすすめです。また、最短で即日融資に対応している点でも便利です。銀行系カードローン・キャッシングで収入証明不要はそれぞれで異なりますが、100万円から300万円くらいまでなら提出せずに借りられる場合が多いですから、これらを利用すれば証明書不要、書類をとらなくてもよいです。