前職の源泉徴収票が必要な場合は・・・?

児童手当の申請や住宅ローンを組む際にも使用する源泉徴収票ですが、紛失してしまった際は、再発行してもらうことが可能です。
源泉徴収票の発行元は企業や団体になっています。再発行してもらう際には、発行元である企業や団体に依頼をして、所定の書類に必要事項を記入し、提出する事から始まります。

 

この時、前職のものが必要である場合、前職の総務や人事担当の方に依頼します。基本的に再発行は可能ですが、企業によっては面倒くさい等の理由で拒否される場合もあります。拒否をされた場合には、理由を確認したうえで、税務署に一度相談してみると良いでしょう。給料を支払った人は源泉徴収票を発行するが法律で定められていますので、12月になっても届かなかったり、会社側からいくら催促をしていても発行を拒否された場合には、所轄の税務署に決められた書類に記入し、提出をする事になります。こうする事で、税務署から支払先に税務署からの指導が入り、発行してもらう事ができます。
年の途中で退職した場合には退職時には受け取ることができない事が多いようです。これは企業側が、年末に他の給与者と一緒に退職者の分も発行するケースが多い為です。12月になっても手元に届かない場合は、会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。

 

前職の源泉徴収票が必要で電話で問い合わせする男性

 

次に、前職の源泉徴収票が必要な場合で、どうしても都合上、前の職場に問い合わせができない場合は、自分で依頼しなくても依頼できる方法もあります。

  • 一つ目の方法は、新しい職場の総務や人事担当の方から前職の担当の方に依頼してもらう方法です。しかし、場合によっては、本人からの申し出でないと再発行できないと言われる場合もあるので、必ずできる方法ではありません。
  • 二つ目は、税理士に依頼する方法です。これは勤務先の総務や、人事担当の方への依頼ではないですが、総務や人事担当の方に依頼するよりも高い確率で発行してもらえる方法になっています。

 

最後に、年末はどこの企業、団体も忙しいので、紛失に気付いた時点でなるべく早く申請するようにしましょう。そして、手元に届いたら、必ず内容を確認するようにして、不足分があった場合にはすみやかに支払先に連絡をとり、発行してもらうようにしましょう。再就職した場合には、前職の源泉徴収票がないと、再就職をした先の会社でも年末調整ができませんので、再就職し、紛失した場合は特に、必ず再発行してもらえるように早めに連絡しましょう。